介護とは、またシステムとは?

subpage01

この頃の施設は充実した施設が多いことを知っていますか?私自身、介護に関わるようになってから知ることが出来ました。


よく姨捨山とも呼ばれますが、実際そうではありません。

高齢者様たちが楽しく生活していくためにと考えられていて、その施設施設で魅力が違ってくるのです。



もし、施設にいれたいなと考えられているご家族様は、そこそこのやり方や特徴、魅力が親や親族に合っているのか見学をしてもいいと思います。
今のシステムは段階に分かれています、要支援というシステムや要介護というシステムです。
高齢になっていくうえで一人での生活が難しくなり、認知症であったり、体が思うように動かなかったり、病気になって家族以外の第三者に手をかりなければならなくなったことなどで市町村から見合った支給額をいただけます。
その支給額を使用しながら、施設に入居したりデイサービスに通うことができ、手出だしは1割から2割です。

要支援、要介護を決めてもらうにはまず市町村の役所に行き要介護認定の申請をしなければなりません。
それから各市町村にある包括のほうでケアマネージャという専門員が高齢者様一人一人の担当となり、高齢者様の生活をサポートしてくれます。



施設に入ったから終わりということはなく、最後までお世話をしてくだます。

家族だけで、一人体が不自由な高齢者様や認知症の方のお世話をすることはすごく負担になりご家族様が心の病にかかるということもあるそうです。

そうなるまえに介護、システムを理解して行動してみてはいかがでしょうか。