介護のシステムについて

subpage01

いまや日本は高齢化社会へと遷移し、日本の全人口に対する老年人口の割合は年々増加しています。そうすると、福祉サービスを利用される方も増え、もしかするとこの記事を読んでいる方自身もその対象かもしれません。

サービスを利用する際、その情報を仕入れておくのは大切なことです。
では実際に、介護施設はどのようなシステムを持っているのでしょうか。



まず、介護サービスのシステムには色々な形態があります。

ケアマネージャーさんが地域の家を訪れる「居宅支援」や「訪問サービス」、施設を利用し活動をすることのできる「老人福祉施設」、他にも「老人ホーム」や「通所サービス」など、一人ひとりのニーズに合わせて施設やサービスを選択することができます。
また、ネットでは初期費用や月額費用、口コミ、規模、サービスの質などを比較できるサイトもいろいろあります。そして、日本の介護システムは例えば在宅での介護の場合、1人に対し看護師、ケアマネージャー、ヘルパーがそれぞれの分野を担当する形態を取っています。具体的に言えば血圧などの健康状態の測定は看護師が行い、入浴や食事の補助はヘルパーが、マネジメントはケアマネージャーというような感じです。



日本は従来、高齢者はその家族が補助をするというような傾向にありましたが、今の介護は個人個人が自立して生活を送る手助けをすることを大きな目的としています。



その人のできることを最大限に生かすためにも、このサービスを利用してみてはどうでしょうか。